「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて①ナニーって、何?


①ナニーって、何?

 「保育の専門職者養成は、いつどこで始まったのだろう…」。親になって子育てを経験する中で、また、その後、保育士と幼稚園教諭の資格取得を目指し学ぶ中で生まれた素朴な疑問でした。わずか3週間(2008.6.30‐7.16)ですがノーランドカレッジ(Norland College/写真)のサマーセミナーに参加し、その答えを確認するチャンスに恵まれました。
 さて、子育てには子どもを世話する「ケア」と社会的に一人前にする「エデュケーション」の2つの面がありますが、ケア専門職者として生まれたのがナニー(Nanny)です。ナニーは職業として住込みや通いで乳幼児の世話をする、今なお通用している伝統的な呼び名です。子育てにかかわる知識・技能の専門的訓練を世界にさきがけて始めた同カレッジでの研修と、ホストファミリーを通して垣間見たイギリスをレポートしたいと思います。

 

 

In the White Wind of Bath, England

(1)What’s a Nanny?

“When and where did child-care specialist training originally start?”  That was a simple question that occurred to me when I became a parent and started childbearing and later while I was studying to acquire qualifications as a nursery and kindergarten teacher.  Then luckily I got a chance to participate in a summer seminar at Norland College (photo), though only for three weeks (June 30 – July 16, 2008), to find the answer to my question.

There are two aspects of childbearing: care, which is to take care of a child; and education, to help the child become a social being.  A nanny is a person specialized in providing care to a child.  It is a term that, though traditional, is still being used to refer to a person who is a live-in or live-out professional child caregiver. 

In this report, I will introduce the seminar at the college, which is one of the world pioneers in the field of professional training in childbearing , and the experience of daily life in Great Britain that I had with my host family.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>