「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて㉟私のニューラナーク物語 その5/15 -ニューラナークにて-


㉟私のニューラナーク物語 その5/15 -ニューラナークにて-

 ビジターセンターは17:00には閉まります。受付窓口で「オーエン氏に会いたくて来ました(I am here from Japan to meet The Great Experimenter Owen!)」と伝え、明日14:00にはここを出なくてはいけないことを訴え!?ました。さすが年間40万人以上の訪問者が来るニューラナークの担当者です、直ちに理解してくれました。日本からの訪問者は多いとのこと、1961 年には荘司雅子教授(広島大学/幼児教育)が訪問しています。明日の見学のために、パスポートチケット(有料)とマップで順路の確認を済ませようやく一息つきました。木々の緑と高く広がる空に豊かな自然を感じつつホテルに戻り、ふと気がつくとクライド河(Clyde/河口にGlasgowがある)の水音が耳に心地よく響いていました(写真:手前/ホテル=元紡績第一工場をはじめ敷地内の各施設に水を引き込んだ水路)。

 

 

(35)My New Lanark Story 5/15: In New Lanark

The visitor centre was to close at 5:00 p.m.  At the reception desk, I told the receptionist, “I am here from Japan to meet The Great Experimenter Owen!” and insisted that I had to leave the town at 2:00 p.m. on the next day.  Only a staff member of a visitor centre in a town with over 400,000 visitors per year could immediately understand what a visitor in that situation needs.  I learned that a number of Japanese visitors had also come to the city and that Professor Masako Shoji (early childhood education, Hiroshima University) also visited in 1961.  I checked the route in the Passport Ticket that I had purchased and in the visitors’ map for the visit on the  following day and at last took a rest.  I returned to the hotel, enjoying the views of the rich natural environment with its green trees and vast sky.  Then I suddenly noticed the calming sounds of the water from the Clyde River, at whose mouth the city of Glasgow is located.  (Photo: In front is the channel used to send water to the First Spinning Mill, which is now the hotel, and to the other facilities on the property.)  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>