「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて㊱私のニューラナーク物語 その6/15 -ニューラナークにて-


㊱私のニューラナーク物語 その6/15 -ニューラナークにて-

 水音は窓ガラスの向こうから聞こえてきますが、窓はホテルが紡績工場であった時代につくられた採光用のものです。腰の高さから天井までの窓と天井近くの窓から入ってくる光で、室内は十分に明るく保たれています。砂岩でできた壁は80センチはあろうかという厚さですが、ホテルは文化遺産でもあるのですから歴史的な真正性が維持されているということは重要でしょう。ジャケットを羽織ってはいてもそろそろ暖房が欲しくなりました。オイルヒーターにスイッチを入れカーテンを閉め、夕食はルームサービスを取ることにしました。ベジタブルスープにパンを添えたものとチキンのグリルを注文しましたが、味は最高でした(写真:保温庫がテーブルクロスの中にセットされている)!食後、羽に「ごちそうさま(Delicious!)」と書いた折鶴をテーブルに置き、部屋の前に出しておきました。

 

 

(36)My New Lanark Story 6/15: In New Lanark

The sounds of water came in through the windows, which were made for lighting when the building was still being used as a spinning mill.  The room was bright enough because the windows rose from the height of my hip to the ceiling or near the ceiling.  The walls, made of sandstone, were as thick as 80 cm.  Being a cultural heritage site, the hotel has to maintain authentic historic values. Feeling a little cold though wearing a jacket, I turned on the oil heater and closed the curtains.  I decided to get room service for dinner and ordered vegetable soup with a roll and grilled chicken.  It was delicious.  (Photo: Food warmer built in the tablecloth.)  After dinner, I placed the cart with the empty dishes outside the room and put an origami crane on it with "Delicious!" written on its wing.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>