「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて㊳私のニューラナーク物語 その8/15 -オーエンとの出会い-


㊳私のニューラナーク物語 その8/15 -オーエンとの出会い-

 さて、オーエンについて聞いたことがある人の多くは、高校時代に学んだ世界史の中でかもしれません。「1800年に紡績工場を経営して成功、労働者の生活改善に努力した。1825年にはアメリカでニューハーモニー村(理想的共同社会)を建設したが失敗した。工場法の制定や、労働組合・共同組合の育成にも努力した。」(桐原書店「新世界史A」)とありますが、私は覚えていませんでした。その後、母親になって二人の子どもを育てるかたわら短大の幼児教育科で履修した「保育原理」の講義の中で、オーエンとニューラナークを知ったのです。もちろん、フレーベルについても学びましたが。私は、時に良心的とは言えかねる事業家ではあっても、弱者に共感できる彼に惹かれたのかも知れません(写真:下段/オーエンが始めたThe Village Storeで食料品や生活に必要な物資が購入できる、と説明)。

 

 

(38)My New Lanark Story 8/15: Getting To Know Robert Owen

You might have seen the name of Robert Owen in a high school history textbook.  According to Shin Sekai-shi A (New World History A) from Kirihara Shoten, Ltd., Robert Owen "successfully administered spinning mill plants in 1800, where he was devoted to improvement of workers' lives.  In 1825 he planned to construct an ideal community at New Harmony in the United States but failed.  Owen also committed his life to the formulation of labour laws and to the development of labour unions and cooperative associations."  But I did not remember reading it in the history textbook.  It was not until I became a mother of two children and took the lecture on Principles of Childcare in the course of child education at college that I learned of Robert Owen and New Lanark.  I also learned of Fröbel in the course, but I was more attracted to Owen, who was not necessarily as conscientious as a businessperson but empathized with the weak.  (Photo: The sign below indicates that food and other items necessary for everyday life were purchased at The Village Store started by Owen.)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>