「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて㊴私のニューラナーク物語 その9/15 -オーエン紡績工場-


㊴私のニューラナーク物語 その9/15 -オーエン紡績工場-

今日では信じられないことですが、産業革命時代(1760‐1830)には幼児が働くということはごく普通でした。例えば5歳児であっても、細かい繊維が飛散する密閉された蒸し暑い工場(写真/子どもたちは床に落ちた紡ぎ糸の掃除や運搬などに当たった)で1日14時間、時には15~16時間も働かされていたのです。オーエンは自叙伝(1857)の中で「労働時間は夏でも冬でも法律によって制限はされず― 中略 ―その幼児たちの心身が、著しく、むごく、害われているのを、長い間の経験から私は知っているのだ」と、当時を振り返っています。彼にとって幼児の健全な身体の発達を促していくことは、工場経営に必要な人材を将来において確保するためにも、また過酷な労働条件は生産性の低下につながることからも、青少年や成人のために健全な生活の場の確保することは重要だったのです。

 

(39)My New Lanark Story 9/15: Owen Spinning Mill Plant

It is hard to believe today, but it was not rare for children to work during the Industrial Revolution (1760 – 1830s).  Even a five-year-old child had to work 14, sometimes even 15 or 16 hours a day, cleaning the floor and carrying spun silk thread in  a humid, closed plant with fine fibres flying in the air, (photo).  In his autobiography of 1857, Owen looks back, “The labour hours are not limited by law in the summer or winter…  I know from my long experience that the mind and body of the children are remarkably and cruelly abused.”  Robert Owen believed that promotion of children’s physical health would lead to fostering future manpower necessary for his plants.  It was also important for him to maintain a healthy life environment for the youth and adults because harsh labour conditions would cause deterioration of productivity.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>