「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて㊵私のニューラナーク物語 その10/15 -オーエン紡績工場-


㊵私のニューラナーク物語 その10/15 -オーエン紡績工場-

 オーエンの紡績工場で人々はどのように働いていたのでしょう。働く人々の様子をイラストで描いた説明板には、「朝5:30に起床ベルが村中に響きわたり6:00には仕事が始まる」・「9:00から朝食時間になるが10:00には仕事に戻らなくてはいけない」とあります。写真の上段には「仕事中に機械は決して止まらない」こと、下段には「夕食時間は午後2:00~3:00、終業は午後6:30、日曜日は休みである」ことが書かれています。日曜日以外は、朝から晩まで一日10時間半労働です。口に草をくわえ両腕をまくらにして足を組み、原っぱで身体を伸ばしている男性労働者の姿からは満足している様子が伺えます。逆に、他の工場での労働がそれ以上に過酷であったことが見えてきます(参考:一日8時間労働/1856年にオーストラリア・メルボルンのビル建設労働者が獲得してから)。

 

 

(40) My New Lanark Story 10/15: Owen Spinning Mill Plant

What was work like at Owen's spinning mill plant?  The illustrated description of the workers at the centre explains, "The wake-up bell rings all over the village at 5:30 a.m., and work starts at 6:00 a.m.  The breakfast time starts at 9:00 a.m., but workers have to go back to work at 10:00 a.m."  At the top of the photo, the description indicates that the machine never stopped during operations, and at the bottom that the dinner time was between 2:00 and 3:00 p.m.; that the work ended at 6:30 p.m., and that Sunday was a holiday.  Workers worked every day but Sunday, for ten and a half hours from morning till evening.  In the illustration, a male worker lying down in the field, crossing his legs with his head on his arms and a grass in his mouth seems satisfied.  It also shows that the work conditions at other plants were much harsher.  (Note: The eight-hour work per day was first introduced in 1856 for building construction workers in Melbourne, Australia.)     


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>