「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて㊸私のニューラナーク物語 その13/15 -性格形成学院-


㊸私のニューラナーク物語 その13/15 -性格形成学院-

オーエンは新しい視点で子どもを人として尊重し、その在り方(性格)をどのように育て(形成)ようとしているのか実践を通して社会に問いかけたのです。「いつの時代でも、若い世代を訓練し教育することが、社会の第1目的となるであろう(To train and educate the rising generation will at all times be the first object of society.)」と、次世代育成の重要性を私たちに示しています(写真:文献に基づいて再現された教室/長机の上に石板、座っている女の子は当時の制服を着用)。しかし、1824年、工場の経営権が他に移るなどして、彼の描いた理想は自分の手元から離れてゆきました。アメリカに渡り1825年にインディアナ州でニューハーモニー共同体を運営するも、4年後に破綻。イギリスに戻って全国労働組合大連合を成立させる(1834)などしましたが、次第にその影響力を失ってゆきます。

 

(43)My New Lanark Story 13/15: Institution for the Formation of Character

Looking from new perspectives, Robert Owen respected children as humans and questioned society as to how to form their characters through practice.  He said, “To train and educate the rising generation will at all times be the first object of society,” and demonstrated the importance of fostering the next generation.  (Photo: The classroom reproduced based on contemporary sources, with slates and girls sitting in the uniform of that time.)  However, the right of management of the plant was transferred to others in 1824, and Owen found his ideal society slipping away.  He moved to the United States and built a community in New Harmony, Indiana, in 1825 but failed four years later.  Returning to Britain, Owen established the grand national consolidated trades’ union in 1834 but began gradually losing his influence.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>