「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて㊹私のニューラナーク物語 その14/15 -ニューラナークの再生-


㊹私のニューラナーク物語 その14/15-ニューラナークの再生-

 オーエンは晩年に自叙伝を出版し、1858年87歳でこの世を去りました。単に「利潤だけを追求しない」という彼の経営理念は、時代が追いかけてくる形で引き継がれてゆきましたが、その後、1世紀半の時が過ぎ繊維産業の衰退とともに、1968年3月に工場は閉鎖されました。最盛期(1818)には2500人に達した人口も一時は80人までに減り、ニューラナークの将来が危ぶまれました。しかし、1974年にニューラナーク保全財団(New Lanark Trust)が設立され、失業対策事業として歴史的建造物や遺跡の修復が始まったのです。一度は見捨てられそうになったニューラナークでしたが、1990年代の半ばに教育史に占める位置が高く評価されるようになり、世界文化遺産に登録されました(2001)。(写真:石蹴りhopskotch用に石の床の上に描かれたもの/私の世代には、なつかしい遊び!)

 

 

(44)My New Lanark Story 14/15: Reconstruction of New Lanark

After publishing an autobiography in later life, Robert Owen passed away in 1858 at age 87. His management principle of pursuing not only profit was passed down after the era ended, but in one and a half centuries, as the textile industry declined, the plant was shut down in March 1968. At its peak in 1818, the population of New Lanark reached 2,500, but it decreased to 80, and the future of the city was in question. However, in 1974, the New Lanark Trust was established to restore historical buildings and remains as measures to combat unemployment. Once almost abandoned, the city of New Lanark was highly recognized in the middle of 1990's for its position in the history of education and was registered on the World Heritage list in 2001. (Photo: Hopscotch court drawn on the stone floor. I miss that game!)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>