「しっぽのないシッポさん」のコラム

イギリス・バースの白い風に吹かれて㊺私のニューラナーク物語 その15/15 -ニューラナークにて-


㊺私のニューラナーク物語 その15/15-ニューラナークにて-

 滞在時間は24時間に満たないものでしたが、紡績産業を支えたクライド川の豊かな水量や、ニューラナークの人々のオーエンに対する敬意と誇りを肌で感じることができました。また、今日の社会を築き上げるまでには、どこの国でも多くの歴史的な積み上げがあったのだということも再確認したことでした。例えば、2007年世界遺産暫定リストに登録された群馬・富岡製糸工場(1872/明治5)での過酷な労働も、日本の近代化を支えてきたという事実。エレン・ケイ(Ellen Key,1849-1926/スウェーデン)は「20世紀こそは子どもが幸せに育つことのできる社会を築くべきである」(1900)と訴えましたが、21世紀の今それはかなえられているのでしょうか?私にできることはそう多くはありませんが、これからも子どもと親の未来を支える礎でありたいと思います(写真:学院の教卓にて)。完

 

 

(45)My New Lanark Story 15/15:In New Lanark

In my short stay in New Lanark of less than 24 hours, I saw the bountiful water of the Clyde River, which supported the spinning industry, and the respect and pride that the people of New Lanark have for Robert Owen. I also realized that, in every country, an enormous amount of continuous efforts in the past have built today's society. For example, harsh labour conditions at Tomioka Silk Mill in Gunma, which was established in 1872 and registered on the tentative list of candidates for World Heritage registration in 2007, played an important role in supporting Japan's modernization. Ellen Key of Sweden (1849-1926) argued in 1900 that the twentieth century was to be the century for the child and that the foundations of a society composed of happy children must be laid. Has this come true today? I do not think I can do much, but I would like to continue to help build the foundations to support the children and parents of the future. (Photo: At the platform of a classroom at the institution.)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>