「しっぽのないシッポさん」のコラム

子育ては思い出づくり④クリス月


子どもの発想の豊かさって何て素敵!

「♪もういくつねるとくりすがつ…」―園から帰ってきたばかりの息子はとてもご機嫌の様子。歌を口ずさんでいるのがその証拠です。でも、何度聞いても「もういくつ寝るとお正月…」ではないのです。思わず「お正月でしょう?」と突っ込むと、「ううん、くりすがつだよ」との返事。「クリスマスなのね」と返すと、「違うの、くりすがつ、なのっ!」と少々ご機嫌ななめ。こんな時は一緒に歌うに限ります。途中はムニャムニャと省略されたその歌は、直ぐに「…はやく来い来いくりすがつ♪」と終わりました。「もしかしてクリスマスとお正月のことかしら」と確認すると、「そうだよ」と、まるでそれがどうかしたのとでもいいたそうな顔。そうなのです、「♪もういくつ寝るとお正月…」と歌っていたら「♪もういくつ寝るとクリスマス…」と歌いたくなり、「だから足し算して歌ったの」だそうです。正解!は「クリスマス+お正月=クリス月」だったのです。
お姉ちゃんからもほめられたこのステキな足し算は、息子が来年の春から小学生になるという冬の出来事でした。この年ツリーは、年が明けてお正月が来てからも鏡餅と一緒に飾ったままにしておきました。子どもは、毎日を豊かな感性で受けとめ自分なりに消化しています。時には、そんな子どもの発想にじっくり付き合うことで、余裕を取り戻すのもいいかもしれませんね。

コラム掲載年月日「おはよう アサヒ」2010.9.12〜2011.3.13

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>