「しっぽのないシッポさん」のコラム

専門学校落書⑦ ‐近頃の若いもんは、勉強している‐


西の奈良こと防府市は、また、「福祉都市」宣言をしている街でもある。私の勤務している学校法人中央学院防府福祉医療専門学校は、この地に昨年4月に開校した。
本校には、介護福祉学科(2年制)と社会福祉学科(3年制)の2学科がある。介護福祉学科は厚生省から養成施設の指定を受けており、卒業時に介護福祉士(国家資格)を取得できる。社会福祉学科は、卒業後1年以上の実務経験で社会福祉士の国家試験に臨むことができ、近畿大学九州短期大学通信教育部で学んでいる(ダブルスクール)ことから、準学士・保母(保育士)・幼稚園教諭2種・社会福祉主事任用資格を取得できる。また、ホームヘルパー2級・手話奉仕員中級・レクリエーションインストラクターの資格も手にすることができるのだ。
しかし、学生の学習意欲は食欲と同じ位に貪欲で、取得資格の幅はもっと広い。ビジネス能力・ビジネス文書・秘書技能・漢字能力・実用英語・サービス接遇検定…と次から次へと挑戦している。放課後の検定対策講座は、先生と学生がつくりあげる「共有力」の熱気にあふれている。「近頃の若いもんはなっちょらん」どころか「勉強している!」のである。

コラム掲載年月日「山口新聞」1998.9.3~1998.10.29:文中の名称は「当時」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>