「しっぽのないシッポさん」のブログ

「口切」の季節‐待ち時間を楽しむ‐


今年も残すところ後1ヶ月余りとなりました。
 
年が明ければお正月となりますが、お稽古ごとの年始は11月(霜月)というのが習わしとなっていることが多いようです。
 
  
新茶は皐月(煎茶)と霜月(抹茶)の年2回/画像右側「新茶」(初夏)の幟にご注目!
 
 
お茶を嗜んでいる人にとって、一年は10月(神無月)の「名残(なごり)」の茶事を持って終わり、11月(霜月)の「口切(くちきり)」の茶事をもって始まりとなります。
 
「口切の茶事」は、茶壺の口を切り(開き)碾茶を取りだし、茎や葉脈を取り除き石臼で挽いて抹茶にして味わおうというもの…。
 
お濃茶やお薄茶を懐石や酒肴・お茶菓子とともに楽しむ、厳粛ななかにもどこか華やかさのあるお席です。
 
さて、碾茶は玉露になる茶葉と同じく少なくとも20日以上の間、葭簀(よしず)や稲わらで日覆いをされた後に摘み取られ蒸されますが、揉捻さ(じゅうねん:揉ま)れることなくそのまま乾燥されます。
 
そのまま乾燥されたものは玉露になりますが、碾茶炉で乾燥される過程で香気を帯びた茶葉が碾茶となり茶壺に保管されます。
 
ちなみに、日覆いされることなく摘み取られ、蒸され、揉捻され、乾燥されたものは煎茶になります。
 
茶壺のなかで半年近く寝かされた碾茶は、その味わいが深くなった頃にお抹茶になるというわけです。
 
抹茶の新茶は11月(霜月)、というのはそういうことなのです。

つまり、「新茶の季節」は、年2回ということになりますね。

しかし、近年はお抹茶のアールヌーヴォー化?も進んでいるようで、煎茶と同じく初夏に抹茶の新茶として世に出すようにもなっています。
 
日覆いされたことによってアミノ酸の量が増えその分渋みのもととなるカテキンが減少し、独特な優しい香りとともに感じられる甘味が好まれているようです。
 
れも時代の流れでしょう。
 
半年寝かせ「待ち時間を楽しむ」ということは、ますます贅沢なこととなってゆくようです。
 
ここでいささか強引に「育児&育自」に結びつけるとするならば、可能性を伸ばすと称して急くあまりにマニュアル化や没個性化が促進されている昨今ですが、成長する時間を「待ち」・「楽しむ」という視点も必要ではないかということです。
 
話をお茶に戻しましょう。
 
茶摘みは、立春(2012.2.4)を起算日にして♪「夏も近づく八十八夜」(2012.5.1)の前後から10月頃までの間に4回行われます。

10月に入りますとお茶の花が咲きますので、しばらくはお休みということになります。

もっとも、花を咲かせると木の勢いが落ちますので茶園では摘み取られます。

楽しみたい方は自分で育ててみるのもいいかもしれません。

プランターでも育てられるとか…。

3年目から茶摘みができます。

お茶の花は、2枚目の画像で楽しんでいただけます。

9・10・11月限定販売される「月影」(お詰:一保堂)のパッケージには、お茶の花がデザインされています。

お茶の花(ツバキ科常緑樹)

 

初夏に摘み取られ夏を越さないお茶が、いわゆる「新茶」(一番茶とも)として市場に出回ります。

これが、1回目の新茶です。玉露や煎茶などがそれで、湯で茶葉を煎じ出すものです。

では、2回目の新茶は?


お抹茶がそれで、湯でお濃茶を練りお薄茶を点てるものです。

 

 

 このようにお茶についてあれやこれやと書いていますが、私にとってはもはや遠い記憶の世界と話となりました。

茶の先生が転居先でお亡くなりになったこともあり、それ以来、無手勝手流で楽しんでいます。

気がつくと父との思い出にもつながる紅茶が身近にあり、お抹茶もティーカップで楽しんだり紅茶で点ててみたりと過激!?に「お遊び」!?を楽しんでいます。

まあ、おチャの木から生まれた飲み物が好きだということなのですが…。

最後に、わらべ歌を書いて終わりとしましょう。

 ずいずい ずっころばし
ごまみそ ずい
ちゃつぼに おわれて
トッピンシャン
ぬけたら ドンドコショ
たわらの ねずみが
米くって チュー
チュー チュー チュー
おとさんが 呼んでも
おかさんが 呼んでも
いきっこなしよ
井戸のまわりで お茶碗かいたの だあれ

 
 

この記事へのコメント

  1. ピアのっこさん より:

    シッポさん、こんばんは
    お茶摘みの話、
    そして、ピアのっこさんにとっては、何より、
    「育児&育自」において、
    成長する時間を「待ち」・「楽しむ」ということ、
    心の清涼剤を戴いたような気持ちです。
    ありがとうございます。

    • シッポさん より:

      ピアのっこさん
      おはようございます。

      「いささか強引に『育児&育自』にむすびつけるならば」と書きましたが、
      やはり一番訴えたいことではあったのです。
      ハウツーよろしくもっと平易に書くべきではあったのですが、
      この年になると難しいです。否、年齢ではなくセンスと文章力の問題ですね。

      「成長する時間を『待ち』・『楽しむ』」ことのできる今を、これからも大切に…。
      って、もちろん、シッポさんもです!

  2. しゅんりんちゃん より:

    シッポさん
    おはようございます。

    「…お茶碗かいたのだあれ」はわたしかも…。
    円座に座って、手先を丸めて、人差し指が回ってくるのを
    楽しみに待ってましたね。

    今ではしゅん・りん・ちゃんがにぎやかに「ずいずい…」
    としている仲間に入ってますけど。
    わらべうた遊び、廃れてないんですね。
    なんか、ほっとします。

    ほっとするものに「お茶」もですね。
    日本茶、紅茶シッポさんから色々教えていただけることで
    ほっと感が違ってきました。
    ありがとうございます。

    私ももう少し「待ち」・「楽しむ」の心を
    持ちたいものです…。

    朝晩の冷えを一段と感じるようになりました。
    お互いに今季の風邪はすでに経験済み…。
    二度目に遭遇しないように気を付けましょうね。

    • シッポさん より:

      しゅんりんちゃん

      こんにちは。
      「しゅんりんちゃん」が」しゅん」・「りん」・「ちゃん」と「にぎやかに『ずいずい』」なさっている姿を想像しています。
      それにしても素敵なネーミング!おばあちゃんなればこその特権でしょうか?ね!

      子どものころに覚えた「ちゃつぼ」が「茶壺」だと知ったのはいつだったかしらん…、感動したことを思い出しました。
      まあ、庶民にとって高価なお茶は無縁なものだったにしても、一服するというお茶の時間はあったからこそわらべうた遊びも伝承されてきたのでしょうね。

      世の中全体が「攻めの○○…」とアグレッシブになり、その中にまだまだ老けてはいられないと一緒にそのモードにどっぷり浸かっている高齢者…。
      前向きに生きることとアグレッシブであることとは異なるはずでしょうに…、年を重ねた者にこそできる命題に気づいていない…。

      自分がこれまで培ってきたものを若い世代が受け継いでゆきたいと思えるように熟成させてゆくことは、決してアグレッシブモードではないはず…。
      私たちの「待ち」・「楽しむ」姿が、若者世代の緩衝剤や余裕感の一助になればと思っています。

      チャの木からできた飲みもので、VCチャージ!風邪退散モードでいきましょう!ね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>