「しっぽのないシッポさん」のブログ

さびない


今日は、カテゴリ紅茶教室でアップ(2012.6.14)した紅茶ポリフェノールの美肌効果に関連しての話です。

友人の「ブログ読みました!文字ばっかり!」女史に言わせると、「シッポさんが美肌効果を言ってもねえ…」とのこと。

「あなたに言われたくないなあ」と言い返さなかったのは、
朝晩の洗顔とメイクアップ&ダウンを鏡で確認して自覚しているからなのですが。

まあ、確かにそうだけどね…と納得はしてみたものの、
この程度!?で済んでいるのは「やっぱり、紅茶ポリフェノールのおかげかも!?」と、どこまでも強気。

紅茶ポリフェノールたっぷり!

「ホント、歳を重ねると図々しくなるよね」と、二人して笑ったことでした。

と、言ってもこれは私のことですから失礼があったらごめんなさい。

ポリフェノールなることばを初めて耳にしたのはいつのころだったかなあ。

女優の某さんが赤ワインのグラスを片手に「私の体はワインでできているの」と言ったことから!?

ブームに拍車がかかった1990年代後半のころだったかしらん。

ほとんど同時期にマイナスイオンなることばも耳にしたような…。

家電製品売り場に行けばエアコンも扇風機もドライヤーもこれをキャッチコピーにして売り出していました。

今では残念ながら、そうそうそんなのあったよねで終わってしまっていますが。

一方、ポリフェノールの方はどっこい生き延びているようで、その後も、

ワインポリフェノールに続き
カカオポリフェノール、
紅茶ポリフェノールと

キャッチコピーは増殖中。

さて、ポリフェノールですが。

植物が光合成を行うときにできる物質の総称です。

カテキン、タンニン…って、みなさんもお茶の成分として聞いたことありますよね。

その種類300以上となると、今後もキャッチコピーは増殖するかもしれません。

某化粧品メーカーは販売促進キャンペーンで、「さびない、ひと」をキャッチコピーにしていました。

もちろん、ワインでもチョコレートでも紅茶でもなく抗酸化効果のある化粧品のCMです。

私の中では「さびない」がようやく酸化と老化に結びつき、活性酸素除去作用イコール抗酸化効果があるポリフェノール人気を理解できたような気がしました。

「さびない、ひと」は、なんてったってアイドルな女優の某さんが起用されていました。

あれから何年経ったのでしょうか、確かに彼女は今も若く美しい。

でも、誤解しないでくださいね、彼女の若さと美しさは見た目だけではなく、その頭脳にあります。

某新聞に随時掲載される書評は、彼女が豊かな感性と深い洞察力にあふれた、そして、何よりも力量のある書き手であることを示しています!

私も彼女のように自分のことばで書けたらなあ。

という訳で、アルコールに弱い私は今日も紅茶を楽しんでいます。


この記事へのコメント

  1. ピアのっこさん より:

    こんばんは
    我が家は某新聞でないこともあり、某女優さんの書評は読んだことはありませんが、彼女のように若さと美しさを、もちたい!それは、やはり、私の内面から出てくるものだと確信して、やっていきます。
    とりあえずは、これからの季節、日焼けには気をつけて行動!
    飲み物は、我が家に何年?何十年?前からもある、梅酒が好きです。

    • シッポさん より:

      それってお母さん手作りですよね、まさしく旨酒ですね。少しならシッポさんも楽しめるよね、きっと。

  2. 紫陽花 より:

    こんばんは。
    紅茶の香りが漂ってきそう・・シッポさんの文章を読むと、そう感じることが多いです。

    私も以前は朝からリーフティーを飲んでおりましたが・・贅沢にも! 最近は、朝の時間の問題からか(?)ティーバッグに・・。でも、やはりリーフティーが美味しいですね。ゆったりした気分になれるからかもしれません。

    最近、殊にそのような時間をもっていないような気がします。これでは「さび」ついた人になってしまいそう。いつまでも「さびない」ために、時間マネジメントをしていきたいと思います。

    • シッポさん より:

      お忙しい毎日のなかで紅茶を楽しんいらっしゃる様子が伝わってきました。私もティーバッグで楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>