「しっぽのないシッポさん」のブログ

ベトナム・カンボジア旅行記その7/7-中国茶講座&下午茶‐


最終目的地のカンボジア・シェムリアップは、ベトナム・ホーチミンを経て入りました。

ベトナム・ホーチミンへは中国・上海を経てですが、もちろん、中国・上海へは広島空港から飛び立ちました。

私好みのお安いチケットでの旅だから経由・経由になったのか…。

お高いチケットを利用すれば直行便なるものもあるのでしょうか?

精神衛生を鑑みて!?そっちのチェックはしないでおきましょう。

まあ、中国・上海を再・再・再・再訪できたのですから、お手軽チケットもいいかも…。

釜炒り緑茶(無発酵)の甘み&旨みをはじめ、数種の半発酵・完全発酵茶を楽しみました。

 さて、半日近いトランジットタイムを利用して、中国茶講座を受講しました。

見目麗しいお茶師※1の、京劇の発声にも似た美しい声での誇り溢れるインストラクションは、

お茶は中国・雲南省※2が発祥の地である、ことに一層の説得力を持たせていました。

※1 お茶師の姿は、一緒に写っていた他の参加者の承認が得られずアップなしです。

※2 詳しくは、ブログ(2012.7.2アップ カテゴリ:TEA「中国・雲南省」)をご覧ください。

次は、中国・上海でも紅茶を楽しもうとフランス租界へ…。

軽食とともに楽しむ、下午茶(ハイティー)

 「下午茶」の中国語読みは分かりませんが、

漢字の音読みで発音すれば、中国語読みに近くなる?

GE GO TYA …?  

少なくとも中国語よりは理解できるHIGH TEA(ハイティー※3)で、その意味を確認!

AFTERNOON TEA(アフタヌーンティー)は?

リサーチの必要あり、です。

立て看板には、ガラスのスタンドプレート(ケーキスタンド)の上段に巻き寿司など食事

系のものが、下段にはスイーツ系のものが盛り付けられた写真が…。

さて、私はその立て看板の店ではなく

パリのシャンゼリゼと同じとは言えない(行ったことがないので、多分!?)までも

テラス席のある別の店が気に入り、

「パスタしかありませんよ!」(中国語なのでよく分からない!)と出されたメニューから、

野菜&トマトソースのスパゲティ・ハイティーセットを注文しました。

紅茶はリーフティーではなくリプトンのティーバッグが入れられたまま出されましたが、

テラス席で直射日光は避けられても、なお暑い中での熱い食事と熱い飲み物の取り合わせは、

むしろ爽快!

野菜!野菜!野菜!

野菜の味が野趣たっぷりで、素朴な味わいでした。

紅茶の味わい?

残念ながら、覚えていません。

こんな失敗!?もありますが、紅茶探訪はやめられません。これからも楽しんでゆきたいと思っています。

※3 コラム 2012.3.31アップ カテゴリ:TEA「イギリス・バースの白い風に吹かれて」㉕

      紅茶文化にふれて その5/5 より 

*イギリスの紅茶文化を象徴する「アフタヌーンティー」は、アンナ・マリア公爵夫人が発案(1840年代)した昼下がりのティータイムのこと。

 夜遅く始まるディナーまでの間、紅茶をサンドイッチやスコーンとともに社交も兼ねて楽しむスタイルがそれです。

 一方、夕方早目に紅茶と軽い食事を摂るのがハイティーで、どちらかと言うと庶民のもの。

 今日では、紅茶や軽食にお酒を用意した夕方のパーティ(写真:紅茶と赤ワイン/バース市街のパブにて)を指すこともあるとか。

 より詳しくは、コラムで楽しんでいただけます。ご覧ください。

 

 

 


この記事へのコメント

  1. しゅんりんちゃん より:

    シッポさん、こんばんは。

    朝晩、何だか涼しくなったような感じがしませんか。
    昨日の朝は、寒くて目が覚め、思わず布団を
    慌てて出したくらいでした。
    こうやっていつの間にか「秋」になっているんですよね。

    お疲れ度は、いかがですか?
    ときには、ぼちぼちで。

    お気に入りのシャンゼリゼ?のお店に入られたのに、
    「リプトン」とは…。
    思わず笑ってしまいました(失礼しました)
    そんなことがあるのも、旅のお楽しみでしょうね。

    フランス租界のガラスのスタンドプレートは
    写真では…とてもステキに見えます。
    フランス風に…。

    もし、この先上海に行くチャンスがあれば、このスタンドプレートや、リプトン味わってみたいですね。

    あちこち、いろんなところへ出かけて楽しんで
    いらっしゃったシッポさんの様子がみえるようです。

    私も楽しませていただいてます。
    ありがとうございます。

    • シッポさん より:

      しゅんりんちゃんのおっしゃる通り、「いつの間にか『秋』になっているんですよね」。
      ホント涼しくなりました。
      なんだかホッとします。
      疲れは、今しばらく楽しみたいと思います。

      ところで、リプトンですが。
      リプトン=紅茶というところに、LIPTONのフロントランナーとしての凄さ!?を感じますね。
      まあ、どこにでも一番乗りってのはありますし、その凄さの見返りが「一般名詞化」ってのも分かります。
      この業界は今までのところ、このリプトンとトワイニングが二分しているようです。

      再ところで、シッポさんが「あちこち、いろんなところへ出かけて楽しんで」いる…について。
      いわゆる初めての海外旅行なるものは、40代に突入してからです。
      初めて行った外国は、中国・上海。その次は、カナダ。その次は・・・・。
      いずれも引率でしたが、楽しい思い出ばかりです。
      その後の、旅癖はその下敷きがあったからでしょう。

      放浪癖ならぬ旅癖…、まあ、似たようなものかもしれませんが(;一_一)

      TABI-GUSE!
      それを支えてくれているのが、500円玉貯金。これからも続けるぞ!

  2. 紫陽花さん より:

    こんばんは。
    8月は思わぬ仕事が入り、バタバタで終わりました。
    その勢いで9月に突入したため、まだあまり秋を感じません。しかし、夜になると、秋の虫の声が聞こえてくるようになったのは実感しています。
    さて、どこに行かれても「お茶」のことを忘れず、しっかり学んで来られるシッポさん。尊敬いたします。私なら、すぐにハイテンション! 当初の思いをすっかり忘れて、色々なことをやってしまいそうです。そこに、思いの差があるように思います。道を極めることは、私のようによそ見ばかりしている人間には、まだできないことのようです。

    身体を休めることを意図的に行う必要があるのだ…とつくづく感じています。シッポさんも、楽しむことも必要ですが、是非休んで下さいね。

    シッポさんが元気でおられなければ、もともこもありませんから…

    • シッポさん より:

      紫陽花さん、こんばんは。
      お忙しかった&お忙しそうですね…。
      「まだあまり秋を感じません」と言いつつも、小さい秋に気づいていらっしゃるのは流石です。

      ところで、ご心配いただき感謝です。
      「身体を休めることを意図的に行う」ために、「疲れは、今しばらく楽しみたいと思います」を実行中です。
      人によっては怠けシッポさん状態に映るかもしれませんが、気にしてませんというのはウソですが、気にしないようにしています。

      再ところで、「お茶」に専念!?はつい最近のこと…、年を重ねる&重ねたことの良さかもしれません。

      これからは、狭く・深く(なればいいのですが)生きたいと思っています。

      以前興味をもっていただいた雪国紅茶を、楽しみにいらっしゃいませんか?つばさへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*
メールアドレス*
ウェブサイト
コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>